新着記事

Webデザイナーってどんな仕事?未経験でWebデザイナーになるスキルと勉強方法あれこれ

Webデザイナーってどんな仕事?未経験でWebデザイナーになるスキルと勉強方法あれこれ

未経験からWebデザイナーになり、今となっては当たり前のようにWeb制作の仕事をしている私ですが、Webデザイナーに興味があってこれからWebデザイナーになりたい人は、必要な勉強や職場環境などが気になるのかな?と思います。

そこで、Webデザイナーに必要なスキルや勉強方法、職場環境などについて私が知っている範囲ではありますが紹介したいと思います。

これからWebデザイナーになりたいと思っている人の参考になれば嬉しいです!

Webデザイナーってどんな仕事?

private office

Webデザイナーと聞くとWebサイトをつくる人でしょ?と思いますよね、その通りですがWebサイトをつくるまでには色々な工程や、付随する作業があります。

職場によって違いはありますが、どんな仕事内容があるかご紹介します。

Webサイトのデザインをする

まずは、どういうサイトにするかのデザインを考えて完成イメージを作成します。

デザイン制作のなかでは、コンセプト決め・ロゴ作成・ユーザー導線の検討・フォント選定などが必要になってきます。

その他にも細かく挙げると、ファビコン(ブラウザのタブ横に表示されるアイコン)やSNSでシェアされたときに表示される用の画像や必要があればオリジナルのアイコン作成などをしたりもします。

デザイン作業の主な使用ソフトは、AdobeのPhotoShopやIllustratorなどを使用して作業をします。Adobe製品の他でもデザインをするツールはありますが、メジャーなのはAdobeだと思います。

Webサイトのコーディングをする

完成イメージのデザインができあがったら、実際にパソコンやスマホなどで見れるようにするためにコーディング作業をおこないます。

コーディングは、HTMLというもので表示させる画像やテキストなどを書いて、CSSというもので画像の大きさやテキストの色など装飾をして完成イメージのデザインと同じにします。

実際にはこんな感じのことをします。[CSS]の部分をクリックするとCSSのコードが表示されます。

See the Pen ex_for_begginer by madka (@madka) on CodePen.0

HTMLとCSSのファイルをサーバーにアップロードすることで、パソコンなどでアクセスされたときにデザインしたものがWebサイトとして表示されます。

バナー作成や画像加工をする

新人Webデザイナーがよく最初に任される仕事として多いのがバナー画像の作成です。

バナー画像というのは、Webサイトに表示するための広告画像です。あらかじめ用意された画像やイラスト素材などを使って1枚の画像に仕上げることもあれば、何も素材がない状態で作成することもあります。

バナー画像のデザインでクリックされる数が変わったりするので、小さな画像を作成することが多いので限られたスペースで魅力を伝えることを考えたりと大切な作業です。

Googleアナリティクスなどで計測をする

これはWebデザイナーの仕事として必ずしも必要ではないかもしれませんが、制作して公開されたWebサイトがどれくらいアクセスされているか、ユーザーがどのようなページ推移をしているかなどを分析することもあります。

その分析結果で改善点などが見えてくるので、公開したWebサイトを成長させていくうえで必要な作業となります。

Web制作会社LIGが運営するWebデザインスクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

Webデザイナーの職場環境ってどんな感じ?

imac

Webデザイナーの仕事内容について少し知ったところで、実際に就職したとしたらどのような環境で仕事をするのかが気になりますよね。

もちろん全ての職場に当てはまるわけではないと思いますが、私が知っているなかで大体はこんな感じだろうという職場環境について紹介します。

Webデザイナーの職場種類について

Webデザイナーとして勤務する会社の種類は色々とありますが、大きくグループ分けをすると受託系と自社サービス系2つに分けることができます。

受託系では、企業のコーポレートサイトやキャンペーン紹介の特設サイトなどを依頼されて制作する会社です。つまり、Webサイト制作してクライアントから制作費をもらっている会社です。

そして、自社サービス系では自社で運営しているWebサイトの制作・更新・改修などをします。なので、受託系の制作会社とは違い自社のサービスのためだけに制作することがほとんどです。

受託系と自社サービス系を比べると、

受託系はクライアントのためにWebサイトを制作したら終わりだが新しい技術に挑戦できる機会が多く

自社サービス系は自社で運用しているのでWebサイトの制作・アクセス分析・改修といった流れを繰り返しサービスを育てていくことができるぶん、目新しい技術を都度すぐに導入していくのは難しい

といった印象があります。

出勤時間はわりと遅め

一般的な企業の就業時間といえば、9時〜18時でしょうか?

そうだとするなら、WebデザイナーというかIT企業の出勤時間は少し遅いところが多いと思います。

私が、転職をするときに見ていた求人の感じだと10時〜19時など、10時以降の出社時間が多いイメージです。

なかには、フレックス制度を導入していて設定されたコアタイム(就業する最低限の時間)以外は仕事に支障がなければ、自分の裁量で出勤・退勤時間を決められるところも少なくありません。

なので、就業時間に関しては自由度の高い職種だと思います。

Webデザイナーの服装は私服OKがほとんど

営業職だとスーツなど職種によって勤務中の服装が限られていたり指定されることってありますよね。

その点、Webデザイナーは私服OKな職場が多いイメージです。

来客がある場合には、襟ものを着用するなどの意識は持っておいたほうが良いとは思いますが基本的には普段の服装と変えず勤務ができるので楽だと思います。

昼休憩・残業・勉強会・作業中の音楽などなど

おおまかな職場環境について紹介したところで、細かいところでの職場環境についても知っている限りでお伝えしたいと思います。

昼休憩

職種によってはお昼休憩の時間が固定で決められていることあるかと思いますが、IT企業では自分のタイミングでお昼に出れる環境が多いです。
とくに、フレックス制度を導入しているところは、人によって出勤時間が異なるので昼食の時間もバラバラになるからです。

残業

私がWebデザイナー求人サイトを眺めていてよく思うのは、受託系=残業が多い 自社サービス系=残業が少ないという違いです。

自社サービス系でも繁忙期などでは残業が多くなることもあるでしょうが、受託と違い社内で制作期限をコントロールできるという点で残業が少ないところが多いのではないかと思います。

勉強会

Web制作に関する技術の進歩やトレンドの移り変わりはとても早いこともあり、いろいろな勉強会がおこなわれています。

そういった勉強会に同僚同士で参加することが多かったり、なかには勉強会の費用を会社負担にしてくれる企業もあったりするので意欲があればスキルをどんどん伸ばせる環境が多いと思います。

作業中の音楽

これはおまけ程度のことですが、就業中はパソコンに向かって黙々と作業をしていることが多い職種なので、作業に集中するためにイヤホンをして音楽などを聴きながら仕事ができる職場が多いイメージです。

Webデザイナーにために資格は必要?

結論から言うとWebデザイナーになるために絶対に必要な資格はありません

Webデザイナーの求人募集で条件のなかに「この資格がないと応募資格がありません」といった内容はほぼありません。それよりも、実務経験であったり具体的なスキルでの条件が多いです。

だからといって、Webデザイナーに関係する資格が全くないわけではありません。
Webクリエイター能力認定試験・HTML5プロフェッショナル認定資格・ウェブデザイン技能検定といったものがあり、それぞれの勉強をすることでWebサイト制作における知識を深めることができます。

Webデザイナーに必要なスキルはなに?

html

「Webデザイナーになるために絶対に必要な資格はない」と書きましたが、では実際にどのようなスキルを勉強したらWebデザイナーになれるのか気になると思うので、Webデザイナーになるために最低限必要なスキルを紹介していきます!

HTML

HTMLは、Webサイトとしてパソコンやスマホで見れるようにするためのマークアップ言語です。
HTMLタグを使用してコードを書くことによって、ブラウザに「ここからここまでは見出しですよ!」とか「これは他のページ移動させるボタンですよ!」というWebサイトの構成を伝えることができます。

CSS

HTMLだけでは、Webサイトにアクセスしてみてもテキストや画像などがただ縦に並んでいるだけの状態になってしまいます。

ただ並んでいるだけのものを、見やすくしたり目立たせたりするために必要なのがCSSです。

CSSを利用することで、文字を大きくしたり文字の色付け・画像サイズの調整・要素の横並びなどデザインを表現することができます

PhotoShop

PhotoShopはAdobe製品の1つで、主に画像のリサイズや加工をするために使用しますが、Webサイトの完成イメージをデザインするときにも利用します

Illustrator

IllustratorもAdobe製品で、こちらはロゴやイラスト・印刷物の制作をするときに利用します。またPhotoShopと同じようにWebサイトの完成イメージをIllustratorでデザインするデザイナーもいます。

オンラインブートキャンプ 無料体験

Webデザイナーになるための勉強方法は?

pc

Webデザイナーの必須スキルが分かったらどんな勉強方法があるか気になりますよね。

勉強方法にはいくつか種類があるので、それぞれのメリット・デメリットと合わせて紹介していきます。

独学で勉強する

まずは独学です。
Webデザイナーに必要なスキルについて初心者向けに説明してくれているサイトが多くあるので、そういったサイトを見ながら自分1人で勉強していく方法です。

独学のメリット

・自分の好きなタイミングやペースに合わせて学んでいくことができる
・勉強するための費用がほとんどかからない

独学のデメリット

・どのような順序で勉強して良いかが分からないと習得するまで時間がかかる
・困ったときに相談できる相手がいない
・就職サポートがない

スクールに通う

独学よりも効率良くスキルを習得する方法として挙げられるのが、Webデザイナーになりたい人向けのスクールに通うことです。

専門学校とは違うので、入試試験などがあるわけではなく応募したら基本的には通うことができます。

また、社会人・ダブルスクール向けに夕方や夜間に通える時間のところが多いのも通いやすい点です。

スクールに通うメリット

・カリキュラムが組まれているので効率良く短期間でスキルの習得ができる
・困った時には講師に相談したり受講者同士で解決したりできる
・就職サポートがある

スクールに通うデメリット

・通うための費用が必要
・通うための時間を固定で確保する必要がある

おすすめのスクール

こちらは、株式会社LIGというWeb業界ではとても有名な制作会社とWeb制作の有名スクール「デジタルハリウッド」が提携しているスクールです。

マンツーマン指導や受講スタイルが豊富、就職サポートが手厚いところが特徴です。LIGでも求人を募集しているので、そのまま就職することも夢ではないかもしれません。

いきなり通うのではなくて、スタジオ見学&説明会でどういうところかを事前に知ることができるのも安心なところです!

Web制作会社LIGが運営するWebデザインスクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

オンラインスクールに登録する

最近よく見かけるようになってきたのが、オンランでのスクールです。

先ほど紹介した、通うスクールとは違い移動することなく学ぶことができるという手軽さが特徴です。

オンラインスクールのメリット

・パソコンのある環境ならどこでも学ぶことができる
・費用が比較的安い
・就職サポートがある

オンラインスクールのデメリット

・受講するための費用が必要
・パソコンなど学ぶための環境を自分で用意する必要がある

おすすめのオンラインスクール

TechAcademyは最近よく広告でも目にする人気オンラインスクールの1つです。

通常の通うスタイルのスクールよりも約半分くらいの費用で勉強することができて、勉強や就職に対するサポートもシッカリしてくれるのが特徴です。

基本的なコースだけではなくて、様々なコースがあるので必要なものをプラスで学んでスキルアップすることもできます。

そして、無料体験でどのような感じで勉強が進んでいくかなどが事前に分かるのが安心できて嬉しいところです!

オンラインブートキャンプ Webデザインコース

オンラインブートキャンプ 無料体験

さいごに

Webサイトってどうやってつくっているのかな?どうやったらつくれるようになるのかな?と思っていたり、Webデザイナーという職業は知っていたけど詳しくは知らなかったという方は、Webデザイナーの職業についていろいろと知っていただけたと思います。

この記事を読んでさらにWebデザイナーやWeb制作に興味を持った!実際に目指してみようと思った!という感じになっていただけたら嬉しいです^^

コチラも読んでみませんか?

新着記事