台湾でクラブ遊びするならココ!台湾旅行で行きたいクラブと人気DJ

2017/04/16

台湾の街並み
台湾といえば、親日で旅費も安いので人気がある旅行先のひとつでもありますよね。
そんな台湾へ年内に旅行することになりそうなので、夜遊びの場所として台北のクラブについて調べてみました!
台北だけでも数多くのクラブがあったので、行ってみようかな?と気になったクラブを紹介していきたいと思います。

追記

2017年6月に台湾旅行で台北へ実際に行ってきました^^
実際に台北のクラブへ遊びに行ってみたところ閉店しているクラブなどあったので、追記にて情報を更新しました!

OMNI

omni
以前は「LUXY」というクラブがあった場所の跡地にオープンした、台湾のなかでトップクラスな大箱のクラブです。

海外の有名なDJがイベントをするときにも、よく使われる箱のようで台湾でまず行くクラブならOMNIで間違いなさそうです!

音楽のジャンルはオールジャンルで、OMNI Girlsというサイバージャパンのような女の子たちがフロアを盛り上げてくれたりする活気のある箱のようです。

OMNIのオフィシャルサイトはこちら

追記

台北旅行で一番楽しみにしていた場所でもあったOMNIへ実際に遊びに行きました。
RayRayという台湾のDJを聞きに行きたくて楽しみにしていて、実際に見ることができたので大満足でした!

フロアも広くて台北のなかでは調べていた通りの大箱でした。流れている曲はEDMが多かった感じがしますが、DJによってジャンルも多少変わっていました。

年齢層は若者だけという感じではなく、男女比も半々という感じでした!
入場料は2ドリンク付きで日本円にして4000円くらいだったと思います。

台北でクラブ遊びをするなら行って損はないと思いますよ^^

Myst

myst
Mystは「ATT 4 FUN」というショッピングモールの中に入っているクラブで毎晩営業しています。
こちらもOMNI同様に大箱で、インテリアも力が入っていてラグジュアリーなクラブのようです。

ショッピングモールの9Fに入っていてバルコニールームもあるので、台北の夜景を楽しみながらお酒を飲むこともできるのが魅力的です。
音楽のジャンルはオールジャンルのようです。

MystのFaceBookページはこちら

追記

こちらのクラブはすでに閉店をしていて、私が台湾に行ったときには跡地に他のクラブが入っているということもありませんでした^^;

Korner

korner
台湾でテクノの聞けるクラブを探してみたところ、この「Korner」にいきつきました。
場所を調べてみたところ、「The Wall」というライブハウスと同じ場所だったので、その一角なのか、時間によって名前が変わるのかな?という感じでした。

音はあまり良い感じではないという記事がありましたが、テクノが好きな方にはおすすめだと思います。

Kornerのイベント情報はこちら

Chess

chess
EDMをメインに流すクラブが多いなかで、こちらの「Chess」はHipHopがメインのクラブになります。
客層は欧米の人が多いようで、場所は「Myst」と同じ「ATT 4 FUN」というショッピングモールに入っています。

追記

こちらのクラブへ実際に行ってみたところ、場所が移動していました。
現在の場所は、以前の場所であった「ATT 4 FUNN」というビルから徒歩5分くらいのビル「Neo 19」のB1になっていました。

客層も事前調べていた情報では欧米人が多いとのことでしたが、私が行ったときは9割くらいが台湾人だったと思います。
流れているジャンルはオールHipHopという感じで流行りの曲だけではなく有名な曲も混ぜたプレイでした!

たまたまだったのか、エントランスにいた受付のお姉さんが日本語を少し話せたので安心して入れました。
入場料は2ドリンク付きで3500円くらいだったと思います。

HipHop好きの方はぜひ行ってみてください^^

Chessのオフィシャルサイトはこちら

Room 18

room18
こちらは2001年にオープンした老舗のクラブで、台北で人気がとてもあるようです。
Room 18は人気ということだけあって、実際に行かれたことのある方の記事も多くあり見てみると、日本でいうところのキャメロットのような感じらしいです。

音楽のジャンルはオールミックスで、音のクオリティは普通という意見を見かけました。

Room 18のオフィシャルサイトはこちら

追記:Barcode

こちらのクラブも実際に行ってみようと思っていましたが、私が台湾旅行をしたときには閉店していたお店が変わっていました。

こちらは現在、Barcodeというクラブというかラウンジバーのようなお店になっていました。
サイトのURLがRoom18と同じなので経営会社は同じなのかもしれません。

1ドリンクを頼まなければいけませんが、入場料は無料で音楽はハウスやテクノなど落ち着いた感じのジャンルをDJが流していました!

私は他のクラブへ行く前に、軽く飲む1件目のクラブとして遊びに行っていました^^

Barcodeの公式サイトはこちら

台湾の有名なDJ

せっかく台湾のクラブを楽しむなら、台湾で有名なDJも知っておきたいなと思い少し調べてみました!

DJ RayRay

DJ RayRayは「マイブーム中!Trap MusicのオススメDJとMix音源」でも紹介をした、Red Bull Thre3style World DJ Championshipに台湾代表として出場したりULTRA SINGAPOREでプレイした経歴をもっているDJです。

個人的に、機会があれば絶対に見てみたいDJです!

DJ Cookie

台湾で初めてMIX CDでデビューさしたDJで、TiestoやPaul van Dykなどの世界的に有名DJ達とも共演をしたことがあるグローバルに活躍しているDJです。

JOHNNY THE BOY

こちらはDJ Listに登録されていた台湾DJで一番フォロー数の多いDJでした。詳しい情報まではわかりませんでしたが、MixCloudにアップされている音源を聞くかぎりだとTranceが多いようです。

今回の記事は、台湾旅行へ行く前の調査ということでGoogle先生で調べた情報がほとんどになります。実際に台湾でクラブ遊びしたさいには、体験レポートのような記事を書きたいと思います!

About

madka prof

WebLifeTimesはWebデザイナーのMadkaがWeb制作に関連したことや日々のちょっと気になったことなどを調べたり記録しているサイトです。TwitterFacebookで気になったニュース記事をシェアしたり独り言をつぶやいたりしています!

New Post

Recommend